ABB、業界最高水準仕様大容量パワーコンディショナPVS980国内販売開始

2017-10-23 - ABB株式会社は、国内の大規模太陽光発電所向けに、DC1500V対応大容量パワーコンディショナPVS980 を、2017年10月23日より販売開始します。PVS980の系統連系を最適化させるサブ変電機器もパッケージ提供します。

次世代の大容量パワーコンディショナ「PVS980」の発売により、サブ変電機器を含めたコスト効率の高いパッケージソリューションとしての提供が可能になったことで、太陽光発電向け製品のラインナップがさらに拡充されました。PVS980は、予め最適化されたABBのサブ変電機器と併せて使用することで、数MW(メガワット)クラスの大規模発電所においてもプラグ&プレイ方式による機器間の接続を実現し、短時間で確実な系統連系を可能にします。PVS980は電力変換やインバータ業界で培った数十年に亘るABBの経験と信頼に基づいて開発されました。

新しい大容量パワーコンディショナPVS980は、最大1500VのDC入力電圧と2133kWまでの高出力定格を備えているため、発電システム全体のコストを削減することができ、投資家や発電所オーナーが求める高い収益性を実現できるソリューションとなっています。また、PVS980を含む全てのABBの大容量パワーコンディショナシリーズは、夜間にDC入力側を切り離し、無効電力を供給するなど、有効電力/無効電力を制御し、電力系統の安定化をサポートする機能が標準装備されています。 ABBは、グローバルな視座で、様々な国の連系要件に対応できる機能を備えた製品開発を行っており、スマートグリッド化の進む将来も見据えています。

PVS980の特長の1つは、過酷な設置環境においても優れた耐久性と内部冷却性能を維持しつつ、メンテナンス要件の最小化を実現することのできる循環式冷却システムです。本冷却システムは、冷媒の相転移およびヒートパイプ技術を利用しておりパワーコンディショナの重要な電気回路部は外気から隔離されているため、腐食性外気や砂埃の侵入による機器損傷のリスクを低減します。また、PVS980は、極端に過酷な温度・湿度条件においても安定して稼働することが可能です。シンプルな空気冷却と液体冷却の組合せにより、冷媒の補充やポンプ、バルブの動的部品、腐食抑制剤が不要で、液漏れもないためメンテナンス性にも優れた製品です。
PVS980は高い発電効率とメンテナンスコストの最小化を実現する大規模太陽光発電所に最適なパワーコンディショナです。

日本国内での型式名称と定格出力:

型式名称 定格出力
PVS980-58-1818kVA-I 1939kW
PVS980-58-1909kVA-J 2036kW
PVS980-58-2000kVA-K2133kW

ABBは、バンカビリティ(融資適格性)をサポートし持続可能な高い投資収益率を確保するために、60カ国以上におよぶサービスネットワークで、製品の設置から試運転調整、保守整備、保守部品の供給や修理といった製品の安定稼働をフルサポートしております。

ABBについて

ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーショ ン、インダストリアル・オートメーションおよびパワーグリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。125 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。ABB は世界100か国以上に約136,000 人の従業員を擁しています。 www.abb.com

本件に関するお問い合わせ先:

ABB 株式会社

広報 ・ 渉外
又吉/村山

    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 58e00b778ad07484c12581c2000db652