ABB日本ベーレー、ABBバーチャルパワープラントソリューションを国内展開

2018年3月8日 日本発

ABB日本ベーレーは豊富な導入実績を有するABBのバーチャルパワープラントソリューションを活用し、日本でまさに起こっているエネルギー市場改革や、急成長する再生可能エネルギー活用の利点を最大限引き出すことに貢献します

このたび、ABB日本ベーレーはABBの有する包括的かつ市場最先端のバーチャルパワープラント向けソリューションを国内市場向けに上市しました。



ABBのバーチャルパワープラント (VPP)のソリューションは、バーチャルパワープールと呼ばれ、世界中の電力市場で、エネルギー需要の成長、電源の多様化、再生可能エネルギーへのシフト、IPP や電力小売の参入、地方公共団体等がすすめるエネルギー地産地消など、多様な企業・組織が様々な目的で電力市場取引に参入するなどの動きが生まれる中で、急速に普及しています。

実際には、複数の、多くの場合地理的に分散した電源を統合し、ひとつの最適化された発電ユニットとし、発電計画の立案、ダイナミックな発電量調整、電力市場での堅実なトレーディングなどの機能を備えるVPPへのニーズは高まっています。政府が電力産業の自由化を推し進め、再生可能エネルギーによる発電が急速に成長している日本では、特にその傾向が顕著です。

「日本の電力市場が、多くの発電事業者、エネルギー取引事業者が参入する、自由化された電力市場へと力強く順調な変革を遂げる過程を、バーチャルパワープラントにおける私たちの知見で支援できます」と、 ABBのグローバル発電事業部門 ケヴィン・コシスコ マネージングディレクターは述べています。

バーチャルパワープラント向けのABB Ability™は、ABBがソリューションとして開発してきた広範かつ充実したアプリケーションです。ABB日本ベーレー代表取締役社長 野口達也も後述する機能を踏まえて「既に世界各国の様々なシーンで提供されてきたABBのバーチャルパワープール。このテクノロジーは世界中の様々なお客さまの課題解決にお役に立ってきました。電力市場自由化の進む日本の各事業者様の課題解決も間違えなくお手伝いできると信じています。」

5,000もの発電ユニットをバーチャルパワープールに統合
ABBのソリューションを活用したドイツのネクストクラフトヴェルケバーチャルパワープラントリンクは、欧州8か国に点在する5,140以上の発電ユニットおよび負荷を統合しています。2009年に開始した際にはわずか数ユニットから始まった当VPPは、ABBソリューションの拡張性をフルに活用し、シームレスに成長を続け、現在ではネットワーク全体で、約4,000メガワット相当の発電容量/取引容量を有し、ヨーロッパ最大級のVPPに成長しました。

地方公共団体の発電と負荷をバランス
ドイツの都市、トリーアのハイブリッドエネルギーシステムの統合: ABBのソリューションは、風力発電、太陽光発電、バイオマス、熱電併給プラント、蓄電、電気自動車向け直流給電ネットワーク、水力発電、揚水システム、および需要家で構成されるエネルギーシステムの発電をバランスし、日中の電力需給を最適化します。

離島のマイクログリッドの最適化
カリブ海の離島、アルバ島では再生可能エネルギーの最大化を目的に本ソリューションが導入されています。ディーゼル発電、風力発電、太陽光発電で構成されるマイクログリッドの最適化および単純化:再生可能エネルギーのみによる電力供給だけでは供給量不足の場合のみディーゼル発電に切り替えるABBのソリューションで、より多くの再生可能エネルギーを利用できるマイクログリッドを実現。また、天候予測により翌日の発電量を予想し、1日前の最適化が可能なため、電力系統の安定性および電力品質が向上し、アルバ島での二酸化炭素排出量を大幅に削減させることに成功しています。

産業設備での発電の最適化
ABBは、エネルギー集約型産業施設にも、VPPソリューションを提供しています。複数の工場・拠点に工場と発電設備をもつ事業者にとって、生産計画や生産量、納期等に影響を及ぼすことなく、電力価格に応じて、所内負荷に利用したり、市場にて売電したりと、発電コストの削減により、エネルギーコストの低減を実現します。

パワープールでの複数の発電ユニットの運用
ABBのソリューションを石炭火力発電所で活用し、500メガワットの6基の発電ユニットを、ひとつのプールとして運用することで、市場の動向に応じて、効率的かつ柔軟に対応することができます。ベースロード型の運用から脱却して、ユニットごとの発電量を市場のニーズに応じて調整できるようになることは、燃料費の削減、二酸化炭素排出量の削減に加え、発電所の利益率向上を実現します。

ABBは、包括的な電力/自動化ソリューションのリーディングプロバイダであり、電力、水事業の企業パートナーの運用の改善、持続可能な発展を支えてきた点において、他に例をみない経験を培っています。ABBは統合的かつ安全なデジタルシステム、サービスおよびソリューションで、従来電源、再生可能電源、水施設の自動化、最適化をサポートしています。


ABB日本ベーレー株式会社(本社:静岡県伊豆の国市)は、プラントオートメーション技術のリーダー。1971年の創業から約半世紀、米国Bailey Meter社の制御技術と運転ノウハウを起源とし、ABBグループの一員である現在まで、火力発電所やLNG受入基地など常に最新の制御システムを納入。火力発電所ボイラ制御システム国内シェアの約50%を占め、関連市場の黎明期から日本のエネルギー産業の成長と発展に貢献してまいりました。日本のエネルギー産業への深い造詣、先駆者として産業界をリードしてきた技術。ABB日本ベーレーには高温高圧調整弁などのハードウェア、制御システムにおいては製品世代間の互換性、その他安全計装やIEC 61850対応装置、タービン制御装置など、幅広い商品群をもち、お客さまにとって理想的なシステムを実現できます。


ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、ユーティリティ、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワー グリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。130年以上にわたり技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は「電力をいかなる電源からでも、いかなるコンセントへもお届けし、天然資源から完成品にわたる全ての産業を自動化する」という二つの明確な価値命題に基づき、産業のデジタル化の未来を描いています。 フォーミュラEのタイトルパートナーとして、ABBはeモビリティの限界を押し広げ、持続可能な未来に貢献します。ABB は世界100か国以上に約135,000人の従業員を擁しています。www.abb.com



お問い合わせ先:

ABB日本ベーレー株式会社
静岡県伊豆の国市原木511
広報担当: 伊東
電話: 055-949-3311
Email: jpbai.communications@jp.abb.com

    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 68f44949fbd5cdc2c12582420002f7a8