最高峰のパフォーマンス:ABBの技術、ツークスピチェの新しいケーブルカーを駆動

2017-12-21 - スイス、チューリッヒ発 –

ABBの最新のモータとドライブが、ドイツの最高峰の記録的なゴンドラシステムの安全と信頼性を保証します。

ドイツで一番高い山に登るのに人々が列をなしていたのはもう過去の事と言えるかもしれません。 バイエルンアルプスの頂でありドイツ最高峰のツークスピチェ山で、ABBが動力を供給している、1時間に580名もの乗客を搬送することができるケーブルカーシステムが本日操業を開始しましたが、歴史的なのはこれだけではありません。

このロープウェイは、振り子式あるいは吊り下げ式のケーブルカーシステムにおける3つの世界記録を打ち立てました。世界で最も高い鋼柱(127m)、世界で最も大きな高度差(1,950m)、山麓の駅から頂までの運行距離が世界最長(3,213m)です。

このシステムは、50年前に運行開始し待ち時間の長さで悪評が高かったドイツのアイブゼー湖のロープウェイと比べて、毎時約3倍の乗客を搬送可能です。

この記録的な新しいロープウェイの運営会社であるバイエルン・ツークシュピッツ鉄道は、アルプスでの輸送の困難な問題を解決してきた豊富な経験を有するABBの様々な革新的技術を導入しています。

「スイスのほとんどのロープウェイや椅子型のリフトがABBのモータやドライブを採用しています」と、ABBドイツの取締役会長であるハンス・ゲオルク・クラッベは言います。「ドイツでもこのような素晴らしいプロジェクトに貢献できることを誇りに思います」






パワフルな一対のモータの設計

バイエルン・ツークシュピッツ鉄道が課した要求は、トラブルのない運行を実現するために、一年中天候や風に左右されずに稼働するという特に困難を極めるものでした。
そのような環境下で空中を快適に移動するためには、モータとドライブと力学がどれだけ完璧に相互作用するかにかかっています。

これだけの長距離、ゴンドラを104パーセント(約46度)という急な傾斜で毎秒10.6mで輸送するには大きな動力を要します。これはロープウェイのバレー駅に2基設置されているABBの800kwの三相交流モータによって供給されます。

アルプスにおけるABBの歴史

19世紀後半よりABBは安全で信頼性が高くエネルギー効率のよい交通をアルプスで提供し、評判を築いてきました。

世界的に有名なユングフラウ鉄道の場合、1912年に9kmのアプト式鉄道が運行を開始しましたが、運行ルートを可能にする電化を担ったのはABBです。今日もABBの技術により同鉄道は年間100万人以上の乗客を、海抜3454m、ヨーロッパで最も標高の高いユングフラウヨッホ駅まで、大雪の中でも安全に搬送しています。

またスイスアルプスにあるシュトゥースでは世界で最も急勾配のケーブル鉄道がこの度運行を開始しました。走行距離は1.7kmで、136人乗りの2台のケーブルカーには、ABBが設計および製造を手掛けた高効率電気モータが稼働しています。また、ABBはその他の主要部品を供給しています。

「現在最も重要なのはエネルギー効率における技術革新です」と、スイスのABBのセールスおよびキー・アカウント・アンド・サービスの責任者であるウーリー・スピナーは言います。「それだけでなく、サポートやメンテナンス、サービスという点でも私たちはロープウェイを運営する企業であるお客さまに選んでいただけるパートナーでもあるのです」


関連リンク(YouTube):

ABB technology powers new cable car Zugspitze - breaking 3 world records

ABB technology helps break three cable car world records at Zugspitze, Germany’s highest mountain


ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワーグリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。125 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。ABB は世界100か国以上に約136,000 人の従業員を擁しています。 www.abb.com



お問い合わせ先:

ABB株式会社
広報・渉外担当
Tel: +03-4523-6151
Mail: jpabb.communications@jp.abb.com

    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 9fbc18f1d3da83d4c1258203001d5147