ABB、B&Rを買収

2017-04-05 - 2017年4月4日 スイス、チューリッヒ発―インダストリアル・オートメーションでのリーダーシップを形成

-B&R (Bernecker + Rainer Industrie-Elektronik GmbH) の買収により、創立以来ABBに欠けていたマシンおよびファクトリーオートメーションでのABBの強みを補強
-総合的かつ独自のオートメーションのポートフォリオを築き、世界中のお客さまへ提供
-B&Rは、プログラマブル論理制御装置(PLC) 産業用パソコン(IPC)、サーボ駆動によるマシンおよびファクトリオートメーション分野の革新的リーダーとして定評があります
-B&Rは、過去20年以上、CAGR11パーセント以上の利益成長を続け、200億ドルの規模を誇る、魅力的なマシンおよびファクトリーオートメーション市場で年間売上高6億ドル以上を達成しています
-B&Rのソフトウェア、IoTソリューションにより、ABBのデジタルオファリングであるABB Ability™をさらに強化します。
-B&Rの成長戦略に対する明確なコミットメント。中期の売上目標は10億ドル以上
-B&R経営陣、創業者はアドバイザーとして統合期間もサポートを続けます
-B&Rの本拠地(オーストリア、エッゲルズベルグ)は、ABBのマシンおよびファクトリーオートメーションの グローバルセンターとなります
-今回の取引の資金は現金によるもの。オペレーショナルEPSは初年度から増加。本取引は2017年夏に完了の見込み
-取引額は非開示、マルチプルは同業他社の評価と同水準

ABB は、本日、マシンおよびファクトリーオートメーション向けプロダクトおよびソフトウェアベースのオープンアーキテクチュアソリューションに特化し、世界中に展開する最大級の独立系プロバイダであるB&Rの買収を発表しました。B&Rは、1979年にアーウィン・バーネッカー およびジョセフ・ライナー によって設立され、オーストリアのエッゲルズベルグを本拠とし、研究開発要員、アプリケーションエンジニア約1000人を含む3000人を超える従業員を擁しています。世界70か国に拠点を置き、200億ドル規模のマシンおよびファクトリーオートメーション分野において、年間売上6億ドル以上(2015/16)を達成しています。B&Rの革新的製品、近代的機械、ファクトリーオートメーション向けのソフトウェアおよびソリューションとABBの世界トップレベルのロボティクス、プロセスオートメーション、デジタル化、エレクトリフィケーションのオファリングを組み合わせるこのコンビネーションにより、他社にはない包括的なオファリングを、インダストリアル・オートメーションのお客さまにお届けします。

この買収を通じて、ABBはインダストリアル・オートメーション分野でのリーダーシップを拡大し、第四次産業革命の結果生じている成長機会を掌握できる、独自の立ち位置を得ることとなります。 加えて、ABBは産業界トップクラスのデジタルソリューションポートフォリオ、ABB Abilityと、B&Rの強力なアプリケーションおよびソフトウェアプラットフォーム、大規模な設置基盤、お客さまへのアクセス、そしてニーズに合わせたオートメーションソリューションを組み合わせ、デジタルオファリングを本格的に拡大します。

「B&Rは、マシンおよびファクトリーオートメーション界の珠玉であり、ABBとのこの組み合わせは、またとない機会です。 この取引は、ABBにとって真の節目です。というのも、B&Rの存在が、ABBのオートメーションでのオファリングに創立以来欠けていたものを埋める存在だからです。これは、完璧な一致と呼ぶにふさわしいでしょう。これにより、私たちは、お客さまへ計測、アクチュエ―ション、制御、ロボティクス、デジタル化、そしてエレクトリフィケーションにおけるあらゆるテクノロジーとソフトウェアソリューションをご提供できるインダストリアル・オートメーションプロバイダとなるのです」と、ABBのCEO、ウルリッヒ・シュピースホーファーは述べています。 「この買収は私たちのネクストレベル戦略に完璧に沿うものです。 ABBの特有のデジタルオファリングと、7000万の通信デバイス、7万の制御システム、それに今、3百万の自動化された機器と2万7000の世界中の工場における設置基盤が加わり、双方の世界中のお客さまに、第四次産業革命における膨大な事業機会を捉えていただくことができるようになるのです。」

「今回の組み合わせは、B&Rに素晴らしい機会を与えるものです。ABBが私たちの成長の物語の次章のために、最高のプラットフォームを提供してくれることを、強く確信しています。 ABBの世界的なプレゼンス、デジタルオファリング、補完的なポートフォリオは、私たちが革新と成長を加速していくための鍵となるでしょう。」と、B&Rの共同創業者、ジョセフ・ライナーは述べています。

また、B&Rの共同創立者、アーウィン・バーネッカーは次のように述べています。「我々のエッゲルズベルグの拠点がABBのマシンおよびファクトリーオートメーションのグローバルセンターになるということは、我々の従業員にとって、強力なメッセージです。 私にとって最も重要なのは、この二つの会社が、そして人々が大変良くフィットしており、それが故に私たちが事業を興した場所が、そのような重要な役割を授かるということなのです。」

補完的な強み
この買収で、 ABBはB&RのPLCの革新的製品、産業用PC、サーボモーション、ソフトウェアおよびソリューションスイートなどを統合することで、インダストリアル・オートメーション向けのオファリングを拡大します。 ABBは、お客さまに独自かつ包括的なオープンアーキテクチャオートメーションポートフォリオを提供します。

B&R は、過去20年にわたり、CAGR11パーセントの利益成長を達成し続け、順調に成長を遂げてきました。2000年比で収益は5倍となり、6億ドル(2015/16)を越えています。 同社は、機械製造業に4000以上に急成長した顧客ベースを世界各地に有し、オートメーションソフトウェアおよびソリューションにおける定評のある実績と、マシンおよびファクトリーオートメーション市場において、他の追従を許さないアプリケーションの知見があります。

ABBとB&Rはともに、補完的なポートフォリオを有しています。ABBは、電力、産業、交通および社会インフラのお客さまに対するトップクラスのプロバイダです。 一方B&Rは、プラスチック、包装、食品、飲料などといった産業向けのマシンおよびファクトリーオートメーションの一流のソリューションプロバイダです。 この両社がオープンアーキテクチャで協働するというコミットメントは、お客さまの選択肢を増やし、柔軟性を高め、そしてデジタル化が進む産業界において、お客さまのつながる化を促進します。

革新に向けた継続的投資
革新は両社がその中心に据えるものです。 B&R は売上の10パーセント以上を研究開発に投資し、研究開発とアプリケーションエンジニアリングに1000名以上が従事しています。ABB は年間15億ドルを研究開発に投資し、3万人の技術者およびエンジニアを擁しています。 将来的にもABB と B&R は引き続き研究開発への投資を続けます。

マシンオートメーション、ファクトリーオートメーションは、第四次産業革命およびIoTの主要な促進力となるものです。ABB はB&Rの強力なソリューションベースのビジネスモデルを継承し、当分野での深い知見をもとに、包括的なデジタル化に向けて、新しい、ソフトウェアベースのサービスおよびソリューションを作り上げていきます。ABBの業界をリードするデジタルオファリング、ABB Abilityは、B&Rの大規模な設置基盤、アプリケーションとソリューションにおけるノウハウ、シミュレーションソフトウェアにおける知見、先進的なエンジニアリングツールをフルに生かすこととなります。

定評のある統合アプローチ
B&R買収完了後、同社はABBのインダストリアル・オートメーション事業の一部として、新しいグローバルビジネスユニット(BU)、
マシン&ファクトリーオートメーションBUを形成します。同BUは、マネージングディレクター、ハンス・ウィマーが率います。 両社ともに、B&Rの経営陣および従業員は将来の成長を促進する鍵だと考えており、ABBの経営陣、社員とともに事業の統合を進めていきます。B&Rの共同創業者であるアーウィン・バーネッカーおよびジョセフ・ライナーは、統合期間、アドバイザーとして、事業の継続性を担保します。

統合は成長を軸として、「双方のベスト」を活かす主義に基づき進めていきます。ABBは、自社のPLCとサーボドライブの活動を、新しいビジネスユニットのオファリングとして、段階的アプローチで加えていきます。ABBは、明確なコミットメントとして、B&Rが掲げる中期的には10億ドルの売り上げを達成するという成長ストーリーを継承していきます。

ABBは、B&Rの事業を拡大し、同社の優れたビジネスモデルとブランドのもと前進していくために更なる投資をします。B&Rのエッゲルズベルグの本社は、ABBのマシンおよびファクトリーオートメーションのグローバルセンターとなります。

オーストリアは、技術と事業のハブとして恩恵を得ます
この買収によって、ABBはオーストリア最大のインダストリアル・オートメーションプレイヤーとなります。ABBは、100年以上オーストリアで操業してきました。 B&Rとその本社は、ABBオーストリアの一部として、ABB将来的に大きな役割を担い、特にオーストリア北部には多くの恩恵がもたらされます。エッゲルズベルグ、ギルデンべルグで研究開発、製造の分野の拡張が計画されており、オーストリアのハイテク産業を強化することとなります。

取引の財務的内容
本取引のマルチプルは、同業他社の評価水準に準じています。双方において、取引金額は非開示とすることで合意しております。 ABBは当取引を現金で手当てします。 当取引は初年度のオペレーショナルEPSに寄与すると見込まれており、4年後にはB&R単体の収益の約8パーセントに相当する大きなシナジー効果が見込まれています。本取引は、規制当局の認可および慣習的な買収条件満たした 後、2017年夏には完了の予定です。


B&R は、オーストリアに本拠を持つ革新的オートメーションカンパニーで、世界中に拠点を有しています。 インダストリアル・オートメーションのグローバルリーダーとして、B&Rは最新の技術を先進的エンジニアリングで、マシンおよびファクトリーオートメーション、モーションコントロール、HMI、統合型セーフティテクノロジーの完璧なソリューションとして、ほとんどすべての産業のお客さまにお届けしています。 POWERLINKやopenSAFETYなどの産業用フィールドバス通信規格、強力なAutomation Studioソフトウェア開発環境など、B&Rは継続的にオートメーションエンジニアリングの未来を再定義し続けています。B&Rがインダストリアル・オートメーションの最先端にあり続ける所以である革新の精神は、プロセスを単純化し、常にお客さまの期待を越えようという強い信念が支えているものです。

ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーショ
ン、インダストリアル・オートメーションおよびパワーグリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術
のリーダーです。125 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよ
び第四次産業革命を推し進めています。ABB は世界100 か国以上に約132,000 人の従業員を擁しています。www.abb.com


将来の見通しに関する注意事項
本プレスリリースは、ABBのB&R買収に関連する「将来の見通しに関する記述」に該当する情報が記載されています。 これらの将来予想に関する記述は「思われる」、「期待する」、「考えられる」、「計画する」、「予測する」等の表現によって特定されます。 このような将来の見通しに関する記述は、現時点での予測に基づくものであり、リスクや不確実性が存在します。リスクや不確実性には、これらが遅延、方向変換、または変更される要因が含まれ、現時点での予測と顕著に異なる結果となることがあり得ます。将来の見通しに対する記述はそれが保証されるものではありません。 他のリスクとしては、当買収が完了するという保証はありません。また、完了したとしても予測された買収のベネフィットが実現されない場合もあります。当プレスリリース上の将来の見通しに関する記述は、ABBのビジネスに影響を及ぼす不確定要因、特にABBの2016年度アニュアルレポート、Form 20-F の注意すべき要因に関する議論に定義されている事項とともに評価されるべきです。今後、新しい情報・将来の出来事等があった場合であっても、当社は、「将来の見通しに関する記述」の更新・修正を行う義務を負うものではありません。


本件に関するお問い合わせ先:
ABB 株式会社
広報・渉外
又吉 / 村山


    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 b6e2f945e99a8a49c12580f90032b3e8