ABBは初の350kWハイパワーEV充電器を発売し、e モビリティを追求

2018年4月24日 ドイツ、ハノーバー発 –先駆的技術のリーダーであるABBは、ハノーバー・メッセで新しいTerra HP High Power Fast Chargerを発売し、グローバル・リーチを拡大します。

路上の電気自動車の数が増加するにつれて、強力でエネルギー効率の良い車両充電ステーションに対する世界的な需要が絶えず増加しています。ハノーバー・メッセでは、ABBが最新のEV充電ソリューション「Terra HP」を市場投入しました。市場で初めての350kWの製品となります。到達距離200kmの充電時間はわずか8分です。

    Terra HPの超大電流は、高速道路の停車場やガソリンスタンドでの使用に最適で、フルパワーで400Vと800Vの両方の車両を充電する能力を持っています。

    ダイナミックDCパワーシェアリング技術により、2つの電力キャビネット充電システムで、利用可能なグリッド接続を動的に最適化しながら、複数台のEVを350キロワットの高出力で同時に充電に充電することができます。
    ABBのグローバル・ビジネス・フォー・エレクトリック・ビークル・チャージング担当ヘッド、フランク・ミューハロンが発売についてコメントしています。「電気自動車の充電システムの世界展開を支援し、よりクリーンな環境を追求します。ABBの理念の中心は、お客さまのニーズに合わせた拡張性を持ち、柔軟に対応できる革新的な最先端・省エネソリューションの創造です。」
    Terra HP ハイパワー急速充電器

    設置後に追加の電力キャビネットおよび充電ポストを追加することができるため、EVの台数が成長するにつれて成長が想定される拡張可能な充電ポイントに対するコスト効果が高く、将来に備えた解決策を提供できます。
    性能のさらなる改善のために、Terra HPは、電力および通信の冗長性、および充電ケーブルの個別冷却によって、最高のアップタイムを提供します。電力キャビネットは、多数の商業的な電気バスフィールド設備の設置基盤において、すでに実績を積み重ねているため、信頼性は極めて高いものです。
    Terra HPは、ABB AbilityTM Connected Servicesのさらなる利点を課金オペレータに提供します。これは、充電器をバックオフィス、支払いプラットフォーム、またはスマートグリッドシステムに容易に接続する能力を含む強化された機能を提供するものです。より重要なことは、遠隔診断、修理、および無線によるソフトウェア更新により、ダウンタイムを最小限に抑え、ランニングコストを低く抑えられることです。

    Terra HPは、直感的で使いやすいタッチスクリーン表示や複数の支払いオプションなど、消費者にとってもさらに多くの便益を提供します。

    ABBは、2010年から持続可能なモビリティの推進の一環として充電ソリューションを提供し、乗用車や商用車向けのクラウド接続型DC高速充電器を世界中で6,500台以上販売しています。


    ABB(ABBN:SIX Swiss Ex)は、ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワー グリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。130年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB はふたつの明確な価値命題を掲げ、産業のデジタル化の未来を描いています。それは、あらゆる種類の発電所からの電気を消費家に届け、そして天然資源から完成品に至るあらゆる産業を自動化するということ。Formula Eのタイトルパートナーとして、ABBは eモビリティの限界を押し広げ、持続可能な未来に貢献します。ABB は世界100か国以上に約135,000人の従業員を擁しています。www.abb.com



お問い合わせ先:

ABB株式会社
広報・渉外
電話: 03-4523-6150
Email: jpabb.communications@jp.abb.com

    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 c2a0e87d9fcb1bd8c125827c0032639e