川崎重工とABB、協働ロボット分野における協業に合意

2017-11-27 - 協働ロボットに焦点を当てた、安全、プログラミングおよび周辺機器との  インターフェース、通信等における産業共通の基本技術の確立に向けた世界初の協業

世界的なインダストリアル・オートメーションとロボットのサプライヤーである川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)とABBグループ(以下、ABB)の両社は、協働ロボット、特に双腕ロボット分野における知識の共有やロボット活用の促進に関する協業に合意しました。この世界規模の協業は、本日より実施します。

今回の「協働ロボット」に焦点を当てた両社による協業は世界初の取り組みであり、両社が独自に製品の製造やマーケティングを展開しつつ、協働ロボットの技術や普及に向けて力を合わせるものです。これには政策当局やNGO、社会の皆さまに対する協働ロボットによる自動化の利点に関する教育や、 安全、プログラミングおよび周辺機器とのインターフェース、通信といった産業共通の基本技術の確立 などが含まれます。
多くの産業で、少品種大量生産から少量多品種生産へのシフトが起こり、人とロボット、機械、そしてプロセスにおける協働の重要性が高まっており、これは生産の流動性や人の介在が増すことを意味しています。協働ロボットによる自動化は、人間の知識、洞察力、変化に対する臨機応変な対応と、ロボットの反復作業に対する疲れを知らない耐久力というそれぞれの固有の強みを持ち寄って作業することを可能にします。

また、この協業は、アジアの業界大手である川崎重工、そして、ヨーロッパ最大のロボットのサプライヤーであるABBの、国境を超えた協働を意味します。「今日のロボット産業のスケール、そして変化のスピードは想像を超えるものです。」と、ABBのロボティクス事業のマネージング   ディレクター、パーベガード・ニースは述べています。「協働型オートメーションの背後にある技術の 向こうには、画期的な新しい協働の方法や安全、プログラミングおよび周辺機器とのインターフェース、通信といった産業共通の基本技術の確立へのニーズも存在しています。」

「協働型双腕ロボットは、二本の腕を持ち、人のように動き、様々な作業をこなすことで、高齢化に よる労働者不足に直面している社会に貢献しています。より付加価値の高い技術とソリューションにより、人とロボットが安全に協働できる人共存分野におけるロボット需要は高い潜在性を有し拡大していく。」と、川崎重工の常務執行役員ロボットビジネスセンター長、橋本康彦は述べています。「川崎重工とABBが、ユーザーフレンドリーで先進的な協働型オートメーションの促進のために、ともにリーダー シップを発揮することは、大変喜ばしい。」

ABBは、世界初の真の協働型双腕ロボット、YuMiⓇを通じて、協働型オートメーションのパイオニアとして認知されています。同社のYuMiロボットは、人とロボットの安全な協働を可能にし、小型電子部品の組み立てなどのような、共通の作業を分担することを実現しています。

川崎重工は、同社のアプリケーションにおける知見を結集した、人と安全に共存、協働できるユニークかつ革新的な双腕スカラロボットduAroⓇを販売しています。

この協業の第一弾として、2017年11月29日~12月2日に開催される「国際ロボット展2017」の川崎重工ブース「IR5-22」、ABBブース「IR3-56」および、“人に優しい社会へ”をテーマとする共有 ブース「SR-82」において、両社の双腕ロボットを出展し、デモンストレーションを行います。

川崎重工について
川崎重工は、120年以上の歴史があり、異なる事業部門が連携し技術のシナジー効果を図ることで、 革新的な製品を世界の人々に提供し続けています。現在は、世界で約35,200人の従業員を擁し、   エネルギー・環境等のインフラ、機械およびロボット、船舶・車両・航空宇宙分野での輸送システム、 モーターサイクルやパーソナルウォータークラフトといったレジャー製品等、最新技術を駆使した多彩な製品を世の中に送り出しています。www.khi.co.jp/

川崎重工のロボットビジネスセンターは、広範な製品ポートフォリオを有するロボットおよびロボットオートメーションシステムの主要サプライヤーで、これまでに約50か国に17万台のロボットを出荷 しています。日本市場でのパイオニアであるロボットビジネスセンターは、2017年に50周年を迎え ました。世界的ロボットサプライヤーの一社として、産業用ロボットメーカーから、総合ロボット   メーカーへの変革を標榜しています。川崎重工は、陸、海、空にわたる多角的な事業や製品により蓄積 してきたアプリケーションへの深い知見を有しています。

ABBについて
ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケー   ション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワー グリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。125 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は産業のデジタル化の未来を描き、 エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。ABB は世界100か国以上に約136,000人の  従業員を擁しています。 www.abb.com

ABB ロボティクスは、産業用ロボット、協働ロボット、先進的デジタルサービスのパイオニアです。 世界の主要ロボットサプライヤーの一社として、世界53か国に100拠点を擁し、様々な産業およびアプリケーションに30万台以上のロボットの納入実績があります。よりIoT化された、協働可能な未来の工場へと向かいながら、お客さまの柔軟性、効率性、安全および信頼性の向上を支援しています。www.abb.com/robotics


お問い合わせ先:

ABB株式会社
広報・渉外担当
Tel: +03-4523-6151
Mail: jpabb.communications@jp.abb.com

川崎重工業株式会社
コーポレートコミュニケーション部
Tel:+03-3435-2130
Mail: webadmin@khi.co.jp

    •   Cancel
      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • Print
      • Email
    •   Cancel
    seitp202 e49cc72f8495f9ffc12581e500528e13